前へ
次へ

ウェディングドレスの3種類の色とは

ウェディングドレスと言えば、基本的には白色です。
花嫁によっては、あえて赤色や黒色のドレスを着用している事もありますが、たいていの式では白になるでしょう。
ただ白といっても、実は微妙な色合いの違いがあります。
自分の肌の色に合うウェディングドレスを選ぶためには、その色の違いも知っておくに越した事はありません。
まずホワイトという色の場合は、いわゆる純白になります。
他の色は、全くミックスされていません。
ところがオフホワイトという色の場合、微妙に肌色が混ざっています。
多くの日本人には、このオフホワイトが一番似合いやすいと言われています。
日本人の肌の色との相性が良いからです。
そうかと思えば、アイボリーという色もあります。
上述のホワイトに若干黄色をミックスさせたような色です。
殆ど全てのドレスは、この3つの色のどれか1つに該当します。
まずは自分の肌の色を確実に特定して、それに似合う色のドレスを選んでみると良いでしょう。

Page Top